保育&スクール Whizz Kids ウィズキッズ 市川駅前園・宮久保園

  • 保育方針
  • 運営組織
  • お問合せ
Q&A
Q&A

初めてのお子様だから…。仕事を始めたいけど…。などなど、ウィズキッズにお寄せいただくご質問の中から、よくお問い合わせのあるものをピックアップしました。

Q.

定員は何名ですか?

A.

施設定員は40名となります。
児童福祉法と千葉県保育施説指導要綱では「保育スペース1坪に2名」が決まりになっており、当施設は、保育スペース27坪ですので法令基準上では50名以上可能ですが、自社基準により40名で申請しています。

Q.

保育スタッフは何名ですか?

A.

12名のスタッフで運営しております。
日々の配置につきましては、児童福祉法に基づき「1,2歳児6人につきスタッフ1名」、「3歳児20人につきスタッフ1名」、「4歳児以上30人につきスタッフ1名」を最低基準としていますが、実際の配置は「園児6人につきスタッフ1名」、園児数がどれだけ少なくても最低2名配置でスタートします。食事など特に園児に手がかかる時間帯については、園児の処遇に支障を来すことのないよう保育スタッフの配置に留意しています。

Q.

食事は?

A.

幼稚園・保育園を専門分野とした給食業者様を利用しています。
育ち盛りの大切な時期、彩りや栄養バランスを考慮に入れたお給食をご用意させていただいております。年齢や発達の段階、その日の体調に応じて普通食・軟飯・おかゆ食・きざみ食を選択できます。アレルギーをお持ちのお子様に対してはお子様それぞれの症状に対応したお給食をご提供させていただきます。

Q.

外遊びはどのくらいの頻度で?

A.

天候等に問題がなければ、基本的に毎日でかけます。

交通事情、安全面を十分考慮して計画された数種類のお散歩コース、近隣の児童公園はもちろん、江戸 川沿いにある広場まで外遊びに出かけることも多々ございます。市川という自然に恵まれた豊かな町並 みの中で、お子様たちは季節の移り変わりを肌で感じとり、それがより大きな刺激となって日々の生活 や活動の中で表現され、活かされていくことでしょう。

常に安全面を第一に考え、細心の注意を払い対応させていただく所存でございます。 年齢等も考慮に入れ人数制限をしながら交替で活動します。 お子様たちの様子をみて難しいと判断した日は園外には行かず、園内活動を充実させています。

Q.

お昼寝の布団は?

A.

お子様用の布団は、ウィズキッズでご用意させていただきます。
衛生面では、定期的に園内に設置されたランドリーを利用して洗濯・乾燥をしています。日々のケアも、お子様にも安心な安全性のある無害な除菌スプレー等で清潔に保つ努力を怠りません。傷んだり、汚損した布団は廃棄し、新しいものを使用しています。

Q.

0歳児ですが…

A.

原則として1歳からとさせていただいております。
但し、お食事が食べられることを一つの目安とさせていただき、離乳食の進み具合等で問題がなければ8ヶ月から対応させていただきます。離乳食、ミルク等をお持ちいただいても結構です。もちろん、おかゆ食、きざみ食等、成長段階に応じたお給食も承ります。

Q.

発達に障害が…

A.

身体の障害に関しては、設備やスタッフ配置等を考慮に入れ、問題ないと判断させていただいた場合、責任を持ってお預かりさせていただきます。精神障害や知能障害等の場合、設備上の問題、安全面の確保等体制が整っていないため、誠に申し訳ございませんが現段階ではお受けいたしておりません。

Q.

小学生なんだけど…

A.

原則的に1歳から就学前までのお子様を対象とさせていただいております。しかし、下のお子様がウィズキッズをご利用いただいている場合に限り、上のお子様が小学生であってもお預かりすることは可能です。但し、年齢の小さいお子様(1・2歳児)が多いことや特別なケア(学習補助等)はできないことを了承していただいた後に、本社判断を仰ぎ決定させていただくことになります。

Q.

病後児ですが…

A.

特別なケアが必要なお子様の場合、どのようなケアが必要なのか、医師の許可は出ているのか、必要な薬や手当ての方法等、保護者様より詳しくヒアリングをさせていただいた後、保育可能であると判断した場合、責任を持ってお預かりさせていただきます。

Q.

兄弟割引って何?

A.

月極全日コースをご利用いただいている方に適用される割引です。兄弟2名以上お預かりの場合、1名分の料金を30%off(4歳以上は50%off)とさせていただきます。

Q.

月極指定延長って何?

A.

月極全日コースの基本時間(8:00〜19:00)を超える延長保育が多い方がお得になる割引プランです。 月謝支払いの際に、あらかじめ指定延長をお申し出いただき料金をお支払いいただくと、延長料金が 半額になるサービスです。

Q.

補助金は誰でももらえるの?

A.

市川市に在住の方で、以下の要件をすべて満たしていることが必要となります。

@ 市川市に住民登録されていること。
A お子様のご両親、または同居されている60歳未満のご家族どなたもが、就労等によりお子様を保育 できない状況にあること。
※ 月16日以上かつ1日4時間以上就労していることが必要となります。
B 簡易保育園に月16日以上かつ1日4時間以上お子様を預けていること。
C お子様が認可保育園または幼稚園に在園していないこと。
* 出産の場合、出産予定月をはさんで前後2ヶ月ずつ合計5ヶ月が補助金支給対象月となります。

補助金額
 3歳未満児 → 19,400/月額
 3歳以上児 → 10,200/月額

* 申請手続きに必要な書類についてもウィズキッズでご用意させていただいております。
詳しい内容についてはウィズキッズスタッフまでお気軽にお問い合わせください。
TEL: 047-326-1506

Q.

月極コースの月謝はいつ支払うの?

A.

翌月分の月謝は、前月の末日までに指定の月謝袋にて直接園にお支払いください。

Q.

一時保育は当日でも連絡すれば預かってくれるの?

A.

施設定員に問題がなければ、当日でもお預かりさせていただくことは可能です。しかし、場合によっては施設が定員に満たなくてもスタッフ配置が規程に満たない場合など、お預かりを見合わせていただくこともございます。また、基本時間外が含まれる保育に関しては当日お受けすることは困難です。原則的には、前日までに園までご連絡いただきご予約していただくというのが一番確実です。

Q.

週4日コースを利用したいが、保護者の休みがまちまちで。

A.

ウィズキッズの月極全日週4・月極ショート週4・月極ショート週3コースをご利用の方は、ご希望の曜日をお選びいただけます。詳しいご案内につきましては、入園案内のページをご覧ください。

Q.

一時保育を予約したが、当日いけなくなった...

A.

急な発熱など、お子様の体調に変化はつきものです。もし、当日園にいらしていただくことが難しく  なった場合、遠慮せず、お気軽にお電話していただきその旨をスタッフにお伝えください。 当日キャンセルの場合、お給食の発注関係上、AM9:00前までのご連絡をお願いしております。キャンセル料等については発生しません。次回のご予約等についてもお気軽にお問い合わせください。

Q.

どんな1日を過ごすの?

A.

ウィズキッズ1日の流れをご参照ください。

Q.

日々の持ち物は?

A.

ウィズキッズには遠方から通ってくださっている保護者様がたくさんいらっしゃいます。 お子様の送り迎えは毎日のことです。保護者様のご負担を最小限におさえるため、お持ちいただく荷物はできるだけ少なく設定させていただいております。
お昼寝時に使用する布団はもちろん、スプーン・フォーク・箸やお口拭き用タオルといったお食事 セット、アート活動において使用するスモッグ等についても園でご用意させていただきます。朝の10分はとても貴重なお時間です。お忙しい保護者様のご負担をできるだけ軽減できるよう今後も 努力してまいります。

Q.

保育園に通うと子どもにとって、何がいいの?

A.

「あそび」の面での影響が強くでるようになります。
例えば、本来、2歳児には集団でのあそびは無理であり、できないものとされていました。しかし、
0歳、1歳から保育園に入ったお子様は、2歳児になると、タテ割保育の中で、大きいお子様と集団の
中であそぶことができるようになってきております。ルールのある、協力するあそびはできませんが、
大きいお子様の模倣をしたり、ついて歩いたりしながら集団になれて、共にあそぶ意識は強まっていま
す。お子様の成長過程において必要な異年齢児との接触、集団あそびを通してお子様は社会性、思いやり、我慢、協調性、努力という今後生きていく上で欠かせない大切なことを学んでいきます。

Q.

園内で起こるケガが心配なのですが…

A.

施設内のハード面に関してはできる限りの安全対策を施しております。
床にはすべりにくい防炎カーペットを使用、園内に設置したロッカー等の家具については専用のやわらかいスポンジで角を覆ったり、転倒を防ぐために壁に固定するほか、小さいお子様に関してはベビーサークルを設け安全を確保するなど最善の努力をしてまいります。 ただ、噛みつく、押すといったお子様同士のかかわりあいの中でおきてしまうケガやちょうどハイハイから歩き始める時期にバランスを崩して転倒してしまうといった成長過程においてどうしても発生してしまうものがございます。私どもスタッフ一同、細心の注意を払い対応させていただく所存でございますが、つまづき石をすべて取り去った後にさあ、歩いてごらん…ということが果たして本当にお子様のためになるのでしょうか?ここに行ったらいけない。これを触ったらあつい。これをこぼしたら汚れてしまう。かまれたら痛い。噛んだらお友達が痛くて泣いてしまう…等など、日々の経験を通してお子様はやっていいこと、悪いことを判断する力を養っていくものです。

このページのトップへ